⚖️リーガルコンテンツを書く
Mailchimpでは、私たち自身と世界中のユーザーを守るために、様々な種類のリーガルコンテンツを公開しています。ほとんどのリーガルコンテンツは、コミュニケーションチームの協力を得て、リーガル部門が作成しています。このセクションでは、私たちが公開しているリーガルコンテンツの種類と、その作成方法についての全般を説明しています。
リーガルコンテンツ以外に適用される法律の情報は、「著作権と商標」のセクションを参照してください。
基本
リーガルコンテンツの書き方、レビューの仕方、公開の仕方は、Mailchimpで行っている他の多くの書き方とは異なります。最も重要な違いは、すべてのリーガルコンテンツは、その作成および経過の確認をリーガルチームが行う点です。
だからといって、リーガルコンテンツは読みにくくても良いというわけではありません。私たちは、法的な情報をできるだけ快適な方法で提供することを心がけています。Mailchimpのリーガルコンテンツのゴールは、以下の通りです。
    正確さ 私たちの何よりの関心事は、正しい情報を誠実に伝えることです。
    明快さ 私たちは法律の専門用語や、やたらと形式的な表現を避けるようにしています。ユーザーは、Mailchimpとの間に交わす合意内容を、きちんと理解する必要があるためです。
    簡潔さ 私たちは、ユーザーの時間を大切にしながら、リーガル文書を読んで理解してもらいたいと考えています。
リーガルコンテンツの種類
私たちは、いくつかの種類のリーガル文書を公開しており、それぞれに独自の作成プロセスとゴールがあります。
公開されているリーガル文書
これらの文書は、リーガルページにまとめてあります。
これらのポリシーは、すべてのMailchimpユーザーに適用されます。リーガルチームとコミュニケーションチームは協力し合い、できる限り透明性が高く、読みやすいリーガル文書を仕上げます。誰かがMailchimpを利用するためにサインアップした場合、これらの条件のすべてに同意しなければなりません。
公開されているすべてのリーガル文書、およびそれらの文書の変更は、社内のリーガルチームが草案を作成します。新しいリーガル文書が公開されたり、編集されたりした場合は、その更新を全ユーザーに通知し、新しい規約が発効する前に異議を申し立てられるようにしています。
リーガルトピックに関するガイドと記事
私たちはまた、ユーザーに影響を与える可能性のある法的概念について、ガイドやテクニカルな記事も発行しています。ここではいくつかの事例をご紹介します。
リーガルチームは、全てのマーケティングおよびテクニカルコンテンツを定期的に見直し、全ての関連リンクや情報が最新であるかを確認します。
カスタマーサービスメッセージ
私たちは、ユーザーから法律に関する質問を毎日受け取っています。「なぜ私の住所をキャンペーンに表示する必要があるのか」のような、一般的なCAN-SPAM法に関連する質問に答えています。また、「データはどのくらいの期間保存されるのですか」「サーバーはどこにありますか」「なぜ私の業界やコンテンツが禁止されているのですか」など、私たちの慣行やポリシーに関する質問にもお答えしています。
私たちのサポートチームは、ユーザーとのコミュニケーションのほとんどに対応しています。ユーザーが法的な問題を提起した場合、サポート担当者は、返答内容を提案してリーガルチームに送信し、リーガルチームがそれを確認します。ユーザーはリーガルチームに直接連絡することもできます。
よくある問題については、パラリーガル(法務のアシスタント)やその他のリーガルスタッフが確認し、送信できます。より複雑な問題、訴訟や犯罪行為などの恐れのある問題については、パラリーガルが草案を作成し、弁護士に送り確認してもらいます。
パブリックコミュニケーション
場合によっては、セキュリティ、プライバシー、およびその他の企業の問題に関する情報を公開しなければならないことがあります。これは、ユーザーへの電子メール、ブログ投稿、公式声明、またはプレスリリースの形で提供される可能性があります。
コミュニケーションチームは、リーガルチームと協力してこれらの文書を作成、公開し、経営陣が内容を確認します。
ガイドライン
リーガルコンテンツを書く際には、一般的には、「ボイス(声)とトーン」および「文法と表記ルール」のセクションに書かれているスタイルに従います。追加の注意点は、以下の通りです。
事実から始める
通常、よくある問題や要求を受け取った場合に使用できる、標準の言い回しがいくつかあります。ただし、リーガルコンテンツに関しては、ケース毎の事実が最も大切になるので、コンテンツの構成や形式よりも、まずは事実について考えることから始めます。他と比べてリーガルコンテンツにテンプレートが少ないのはそのためです。
わかりやすい言葉を使用する
リーガルコンテンツの内容は固い話であるため、他のコンテンツと比較すると、少し固いトーンになります。とはいえ、私たちはすべてのユーザーがリーガルコンテンツの内容を理解できるようにしたいと考えています。そのため、可能な限り、法的な専門用語ではなくシンプルな言葉を使用します。
「個人が法的権限を持ち、雇用主やクライアントに代わり、これらの利用規約に電子的に署名することを意図した場合、その個人は、本契約で言及された組織が本契約における条件に対し責任を負うことについて、完全な権限を持つことを表明および保証します」といった言い方ではなく、代わりに
「あなたが会社またはその他の団体の代表として署名する場合、あなたは、その会社や団体の代理としてこれらの規約に同意する権限を持っていることを表明し保証します」といった言い方をします。
※補足:上記の文のトーンの違いをよく理解するには、Mailchimpコンテンツスタイルガイドの原文をご確認ください。
使用を避けられない法律用語も一部あります。例えばその法律用語に対応する一般的な言葉が存在しない場合や、裁判所で説得力を持つように、契約書でそれらの専門用語を使用するように判例法や制定法で指定されている場合です。例えば、時に、「confirm(確認する)」や「agree(同意する)」といった言葉の代わりに、「represent and warrant(表明し保証する)」という言い方をしなければなりません。このような言い方をすれば、読者は自分たちが何を読んでいるのかを、素早く理解できます。すべての法律用語を避けることはできませんが、本当に必要なものだけに減らすことはできます。
会社によっては、複雑な用語を使っていますが、契約内容を理解してもらえるようにシンプルな言葉で要約を書いているところもあります。私たちは法律的な内容を要約するのではなく、用語そのものをシンプルな言葉で書くようにしています。また、より詳しく知りたい人のために、サイドバーを使って補足を提供したり、さらなる読み物へのリンクを提供したりしています。
定義
事前に定義した用語にわかりやすい言葉を使用すると、リーガル文書が読みやすくなります。おそらくこれまでに、「The Corporation(会社)」または「The User(ユーザー)」ではなく、「we=私たち(会社を指す)」および「you=あなた(条件に同意しているユーザーを指す)」のように表す契約書を読んだことがあるでしょう。これを解決するには、簡単な方法があります。文書の最初で、次のようなことを言えば良いのです。
    Mailchimpはジョージア州の有限責任会社であるThe Rocket Science Group, LLC d/b/a Mailchimp(以下「Mailchimp」、「we=私たち」または「us=私たち」といいます)が所有し、運営しています。本サービスのユーザーまたは本サービスのユーザーである組織の代表者は、本規約においては「会員」(または「あなた」)とします。
※補足:上記の例文をよく理解するには、Mailchimpコンテンツスタイルガイドの原文をご確認ください。 このように記載しておけば、その後の契約書で、「私たち」や「あなた」という言葉を自由に使用できます。このような簡単な変更だけで、ドキュメントがはるかに読みやすくなります。
短縮形
私たちは、多くのリーガル文書で短縮形を使用しています。これにより文書がより人間らしい響きになり、ほかのコンテンツとの調和が取れます。言葉を短縮しても、契約書の有効性が損なわれることはありません。
法律のアドバイスは絶対にしないでください
私たちは、Mailchimpの利用に関する法的な問題をユーザーに知らせたいと考えていますが、法的なアドバイスを提供することはできません。提供したアドバイスが法的なものかどうかの判断は、時に紙一重です。リーガル部門では、コンテンツのレビュー時にその点も確認します。
Last modified 5mo ago
Copy link